日常的なケア


アトピーにかかってしまうと皮膚が本来持っているバリア機能を失ってしまうのでちょっとしたことが肌トラブルにつながりやすくなってしまいます。特に紫外線は大敵であると言えます。ただでさえバリア機能を失ってしまっている状態の肌に、紫外線の刺激が加わることによって炎症を引き起こす可能性があり、アトピーの悪化を招く原因となってしまいます。外出する際にはしっかりと日焼け止めクリームを塗り、肌の露出は極力抑えられるように工夫しましょう。

アトピーが発症するとどうしてもかゆみが出てきてしまいます。かいては良くないと頭ではわかっていても耐えられないほどのかゆみに襲われるということもあるでしょう。お風呂上がりなどにかゆみがひどくなってしまう原因としては、かゆみというものが身体が暖まることで引き起こされるからです。ですので、入浴の際にはぬるめのお湯に浸かるようにしてかゆみが出た箇所は保冷剤で冷やすなどのケアが大切です。

また、ストレスをためこむこともアトピーにはよくありません。アトピーの方は冬は乾燥対策、夏は紫外線対策、梅雨の時期にはダニの増殖に気を付けなければならないなど、気を付けなければならないポイントがたくさんあります。それが返ってストレスとなり、症状が悪化するケースもあるようです。もちろん気を付けなければならないポイントは多いですが、気分転換し、かゆみを忘れてしまうくらい何かに没頭する時間を意識的に作るということもアトピー対策になります。