アトピーケアと保湿


アトピーの方の肌は角質層に問題があるため水分保持力が低く乾燥しやすい、外部からの異物や刺激の侵入を防ぐバリア機能が低下してしまい炎症を起こしやすいなどの特徴があります。アトピーの方の角質層はセラミドという角質層の細胞間脂質の主成分が健全な皮膚よりも少なくなっています。肌の水分保持力やバリア機能はセラミドを主成分とする細胞間脂質が80%、NMF(天然保湿因子)が18%を担っており、皮脂は2%しかありません。ですからセラミドが不足してしまえば上述のように乾燥しやすい、外部からの刺激、異物に弱い肌となってしまうのです。

低下してしまったバリア機能を通過し、肌の内部に侵入した異物は外敵として体内の免疫細胞から攻撃を受けることになります。この体内からの攻撃により皮膚炎や赤み、かゆみが発生します。アトピー肌の場合、特に炎症が発生している場合には普段は使用しても問題ない化粧品成分でも刺激となってしまい炎症が悪化してしまうことがあります。ですから例えばワセリンを選ぶ場合にも精製度が高いものを選ぶ必要があります。肌の刺激になりにくい、添加物などがなるべく排除されているオイルやバーム、保湿クリームなどでアトピーケアをする必要があるのです。

日常的なケア


アトピーにかかってしまうと皮膚が本来持っているバリア機能を失ってしまうのでちょっとしたことが肌トラブルにつながりやすくなってしまいます。特に紫外線は大敵であると言えます。ただでさえバリア機能を失ってしまっている状態の肌に、紫外線の刺激が加わることによって炎症を引き起こす可能性があり、アトピーの悪化を招く原因となってしまいます。外出する際にはしっかりと日焼け止めクリームを塗り、肌の露出は極力抑えられるように工夫しましょう。

アトピーが発症するとどうしてもかゆみが出てきてしまいます。かいては良くないと頭ではわかっていても耐えられないほどのかゆみに襲われるということもあるでしょう。お風呂上がりなどにかゆみがひどくなってしまう原因としては、かゆみというものが身体が暖まることで引き起こされるからです。ですので、入浴の際にはぬるめのお湯に浸かるようにしてかゆみが出た箇所は保冷剤で冷やすなどのケアが大切です。

また、ストレスをためこむこともアトピーにはよくありません。アトピーの方は冬は乾燥対策、夏は紫外線対策、梅雨の時期にはダニの増殖に気を付けなければならないなど、気を付けなければならないポイントがたくさんあります。それが返ってストレスとなり、症状が悪化するケースもあるようです。もちろん気を付けなければならないポイントは多いですが、気分転換し、かゆみを忘れてしまうくらい何かに没頭する時間を意識的に作るということもアトピー対策になります。

アトピーとは


アトピーとはかゆみのある湿疹が全身のいろいろなところでできてしまうことが特徴です。皮膚の分泌量が極端に少なく、角質層の水分を保つ力が弱い状態で、皮膚が乾燥しやすいだけでなく、バリア機能が低下してしまっているため外部からの刺激にもとても弱くなっている状態なのです。また、アトピーは生まれつきもっているアレルギー体質との因果関係があると考えられていますが、アトピーを完治させる治療法はまだ確立されていません。よくなったかと思えばまた症状が悪化してしまうということを繰り返してしまうのも特徴のひとつで多くの方の悩みの種となっています。しかし、適切な方法で薬を塗り、適切なスキンケアを継続することによってアトピーの症状が出ないようにコントロールすることは十分に可能であると言えます。

アトピーのケアにおいては日常的なケアのポイントを知っておくことも大切です。日常生活の中ではやはり紫外線対策などはとても厄介なものです。毎日のことですから、どのようなケアが必要かというポイントだけ抑え、なるべくストレスに感じない対策を考えておくことがケアを継続していく上では大切です。また、アトピーのケアにとって保湿というキーワードも大切です。肌のバリア機能が低下してしまっているアトピーの方にとっては保湿ケアがきちんとできるかどうかというのが、アトピーが改善していくかということに大きく関わってくるのです。当サイトではアトピーのケアについて関心を持っている方に向けて役立つ情報をお伝え致します。ぜひお役立て下さい。